NZ経常収支(第2四半期末までの1年間)は-57.9億NZDに赤字減少、約3年ぶりの低水準

ニュージーランドの経常赤字(第2四半期末までの1年間)は-57.9億NZDで、約3年ぶりの低水準となっています。

NZ経常収支
(第2四半期実績):-10.6億NZD(前回:+14.6億NZD)
(当四半期末までの1年間):-57.9億NZD(前回:-60.0億NZD)
(当四半期末までの1年間、対GDP比):-2.5%(前回:-2.7%)
(第2四半期季節調整済):-19.8億NZD(前回:-6.1億NZD)
出所:ニュージーランド統計局
Balance of Payments and International Investment Position: June 2014 quarter
2014-09-17

【四半期実績】
NZD_CurrentAccount_2014-1Q_1

【各四半期末までの1年間】
※ニュージーランドは貿易収支の季節変動が大きいので、各四半期末までの1年間のデータの方がトレンドを確認しやすいです。
右側の軸は、CAB to GDP(経常収支の対GDP比率)です。
NZD_CurrentAccount_2014-1Q_2

【四半期(季節調整済)】
NZD_CurrentAccount_2014-2Q

南ア経常収支(第2四半期)は-2,220億ZAR、予想を上回る赤字幅

南ア経常収支(第2四半期):-2220億ZAR(前回:-1610億ZAR)
出所:南アフリカ準備銀行(South African Reserve Bank:SARB)
https://www.resbank.co.za/
Full Quarterly Bulletin – No 273 – September 2014
2014-09-09
ZAR_CurrentAccount_2014-2Q

NZ経常収支(第1四半期末までの1年間)-63.2億NZD、2年ぶりの低水準

NZの経常赤字(第1四半期末までの1年間)は、2年ぶりの低水準に縮小しました。
下記のグラフの通り、主因は貿易収支の改善です。
※なお、NZの経常赤字構造の特徴である大幅な所得収支の赤字幅は、増加しています。
※ちなみに日本は、逆に貿易収支の赤字を所得収支の黒字でカバーする国です。

NZ経常収支(第1四半期末までの1年間)-63.2億NZD
出所:ニュージーランド統計局
2014-06-18
Balance of payments
NZD_CurrentAccount_2014-1Q

トルコの2013年経常収支の分析

トルコ経常赤字拡大、13年34%増 通貨安再燃の芽に
出所:日経 2014-02-13

  • トルコ中銀は2月13日、2013年の経常収支を公表、650億ドルの赤字。前年より34%拡大し、過去最高の11年に次ぐ高水準。輸出が伸び悩む一方、経済成長に伴う内需拡大で燃料や電気製品などの輸入が増加した。輸入依存の経済構造を放置すれば、再び投資マネーの流出を招きかねない
  • 経常赤字は12年連続で、事前予想の635億ドルを上回った。13年のGDPはまだ公表されていないが、市場予想はGDP比7.9%。前年の6.1%より高い
  • 13年の輸出は前年比0.1%増の1634億ドル。主要な輸出先のEU向けは伸びたが、中東向けが減少。輸入は6.4%増の2432億ドル。ロシアやイランなどからの燃料輸入が約2割を占め、貿易収支は798億ドルの赤字
  • 13年の経済成長率は3.8%程度とみられ、前年の2.2%から成長が加速。中間層の台頭に伴い乗用車の新車販売は前年比19%増の約66万台と過去最高で、このうち78%は輸入車
  • 政府は高付加価値型の輸出産業を育成するために12年に投資優遇策を公表。部品産業や研究開発部門への投資を奨励。経常収支の改善を目指し、近く新たな投資優遇策をまとめるとの観測が浮上
  • 内需の引き締めにも動かざるを得ない。中央銀行のバシュチュ総裁は13日、14年の経常赤字は大幅に改善するとの見通しを示したうえで、クレジットカードなどによる借り入れを抑制することで内需の拡大ペースを減速させる考えも示した。13年12月に大幅利上げした中銀は引き締め気味の金融政策を続ける見通し
  • 政府は2月から自動車ローンの融資条件を厳しくするよう金融機関に指導。加えて、年初からは特別消費税などを引き上げ。14年の経済成長率は1~2%程度に減速するとの見方