もし「消費税の再増税は見送り」となった場合、市場の反応はどうなるか?

目先の『最弱通貨』をユーロと争う円。今後長期的に最も弱い通貨になってしまうか、消費税再増税の行方次第かと思います。もし「消費税の再増税は見送り」となった場合のシナリオを考えてみました。

【シナリオ1】

  • 財政再建への期待が剥落し債券が売られ、金利が上がる
  • 金利上昇と、これまで積みあがった円ショートの巻き戻しにより、急激に円高にふれる
  • 日本株市場は、増税見送りによる景況感の改善よりも、急激な円高による企業業績への悪影響と日本の国力低下に伴う海外機関投資家の売り圧力が勝り、急落する

【シナリオ2】

  • 日銀が債券の大半を吸収して需給が締まっているため、金利は上がらない
  • 国際公約としての財政再建への海外の期待が剥落し、日本の国力低下に応じて円が売られる
  • 日本株市場は、増税見送りによる景況感の改善と円安効果による買いよりも、日本の国力低下に伴う海外機関投資家の売り圧力が勝り、急落する

ただし両シナリオともに、再増税見送りは景況感が一段と悪化している状況であるため、日銀の追加緩和がセットであれば、英国の経済がここ数年で(資産効果により)立ち直った経緯と類似してくる可能性もあると思います。

最悪のケースは、「景気はすごく悪くなっているわけでもなく弱含み程度の状態で」消費税を上げてしまうという状況かと思います。この場合は日銀が追加緩和に踏み切る口実が成立しないように思います。

いずれにしても『最弱通貨』はユーロではなく今後長らく円だろうと思います。ユーロ圏(というか一人勝ちのドイツ)は日本と違って貿易黒字ですので、現在の金融緩和によって、今後着実に地力があがっていくと思います。