米ISM製造業景況指数(9月)は56.6、前回および予想を大きく下回る

米ISM製造業景況指数(9月):56.6(前回:59.0)

出所:全米供給管理協会(ISM:Institute for Supply Management)
2014-10-01
USD_ISM-mnf_2014-09

米ADP雇用統計(9月)民間雇用者数は+21.3万人、予想を上回る

米 ADP雇用統計民間雇用者数(9月):+21万3000人(前回:+20.2万人、下方修正)
出所:Automatic Data Processing, Inc.(ADP)
2014-10-01
USD_ADP_2014-09

米CB消費者信頼感指数(9月)は86、予想外の低下

コンファレンス・ボード消費者信頼感指数(9月)は予想外に低下、4カ月ぶりの低水準となりました。

米CB消費者信頼感指数(9月):86(前回:93.4)
出所:コンファレンス・ボード
The Conference Board Consumer Confidence Index Declines
2014-09-30
※CB消費者信頼感指数は、コンファレンスボード(全米産業審議委員会、民間の調査機関)が公表するもので、 5,000世帯を対象に、現在(経済・雇用状況)と、6ヵ月先(経済・雇用・所得)の景況感に対するアンケートを行い、現状の2項目の平均を「現状指数」、6ヶ月先の3項目の平均(季節調整)を「期待指数」として、この5項目の平均値で公表されます。1985年の指数を100として算出。
対象者が5000世帯と、ミシガン大学消費者信頼感指数の対象よりも多いため、現状の景況感を測る上でより信頼性が高いと言われています。欠点は、最終火曜日に当月分公表と、公表時期が遅い点です。
USD_ConsumerConfidence-CB_2014-09

米S&Pケース・シラー住宅価格指数(7月:20都市)は173.34で予想を下回る

米S&Pケース・シラー住宅価格指数は173.34、市場予想を下回る結果となりました。先週の新築住宅販売件数(8月)は強い数値でしたが、それ以外の住宅指標は今一つの水準です。

米S&Pケース・シラー住宅価格指数(7月:20-City Composite):173.34(前回:172.33)
※ケース・シラー住宅価格指数は全米、20都市、10都市と種類があります。市場が最も注目しているものは20都市の値です。
出所:S&Pケース・シラー住宅価格指数HP
2014-09-30
USD_Case-Shiller_2014-07

米GDP(2Q確報値)は、年率+4.6%へ上方修正

米GDP(2Q確報値)は、年率+4.6%、前月の改定値(4.3%)から大幅な上方修正となりました。約2年半ぶりの高水準で、事前の市場予想とはほぼ一致しています。

2Q・GDP確報値;前期比年率+4.6%
前回(改定値):4.2%
出所:米商務省経済分析局
2014-09-27
※米国のGDPは、四半期末の翌月の25日頃に速報値、その翌月末に改定値、さらにその翌月末に確報値が公表されます。言い換えれば、米国のGDPは毎月、速報値・改定値・確報値のいずれかが発表されます。
※1Qの異例な寒波による落ち込みからV字回復していることがわかります。

USD_GDP_2014-2Q_kakuho