【今さら聞けないFX】「ユーロドル」はなぜ「ドルユーロ」でないのか?

通貨ペア(たとえばドル円なら「USD/JPY」)の、前半部分の通貨を「主軸通貨:base currency」、後半部分の通貨を「建値通貨:quote (or counter) currency」といいます。為替レートは、「主軸通貨1単位は、建値通貨でいくらになるか」として表されます。

外国為替市場では、世界中ほとんどの通貨が米ドルに対して取引されます。この場合の為替レートは、「USD/***」としてドルを主軸通貨として表示されます。ただし、歴史的大英帝国に関連する通貨(ポンド、豪ドル、NZドル)は、ドルを含む他通貨に対して自国通貨を主軸通貨で表し、ドルは建値通貨となります。また最近誕生したユーロは、ドル・大英帝国関連通貨を含む他通貨に対して自国通貨を主軸通貨とする表示方法と決まったことで、この場合もドルは建値通貨です。

主要通貨についてまとめたものが下表です。
青字は自国通貨が主軸通貨となっているケースで、赤字は自国通貨が建値通貨となっているケースです。

(たとえば、列見出し「EUR」の列を縦にみてください。すべてが青字ですね。つまりユーロ圏のFXトレーダーから見れば、すべての通貨に対して、自国通貨ユーロは主軸通貨です。)
(同様に列見出し「USD」の列を縦にみてください。米国のFXトレーダーから見れば、ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドルは自国通貨ドルが建値通貨になっていますが、それ以外の(世界中の)通貨に対しては自国通貨ドルは主軸通貨です。)
(同様に列見出し「JPY」の列を縦にみてください。日本のFXトレーダーから見れば、すべての通貨に対して自国通貨円は建値通貨で表示されます。)

 
EUR
GBP
AUD
NZD
USD
CAD
CHF
JPY
EUREUR/GBPEUR/AUDEUR/NZDEUR/USDEUR/CADEUR/CHFEUR/JPY
GBPEUR/GBPGBP/AUDGBP/NZDGBP/USDGBP/CADGBP/CHFGBP/JPY
AUDEUR/AUDGBP/AUDAUD/NZDAUD/USDAUD/CADAUD/CHFAUD/JPY
NZDEUR/NZDGBP/NZDAUD/NZDNZD/USDNZD/CADNZD/CHFNZD/JPY
USDEUR/USDGBP/USDAUD/USDNZD/USDUSD/CADUSD/CHFUSD/JPY
CADEIR/CADGBP/CADAUD/CADNZD/CADUSD/CADCAD/CHFCAD/JPY
CHFEUR/CHFGBP/CHFAUD/CHFNZD/CHFUSD/CHFCAD/CHFCHF/JPY
JPYEUR/JPYGBP/JPYAUD/JPYNZD/JPYUSD/JPYCAD/JPYCHF/JPY