IMF世界経済見通し下方修正(米国の一人勝ち追認)で、今後の為替相場はどう動くか?

IMFの世界経済見通し下方修正で、昨日の欧米市場・今日の東京市場と、円売りポジションが巻き戻されていますが、今後の相場予測について、著名アナリスト豊島逸夫氏の日経のコラムをメモしておきます。

IMFショックで円107円台に上昇
出所:日経 2014/10/8

  • 7日発表のIMFによる2014年世界経済見通しで、日本経済成長率は1.6%から0.9%へ0.7ポイント下方修正ドイツも1.9%から1.4%へ0.5ポイント引き下げ。一方、米国は1.7%から2.2%へ0.5ポイントの上方修正中国経済は7.4%に据え置かれたが、市場ではチャイナリスクは依然強く意識されている
  • 米国経済の一人勝ちが追認されたことでドル高加速かと思えば、7日の欧米市場でドルインデックスは一時の86台突破から85.7台まで下落。ユーロ・ドルは1.26水準をはさみ、若干ながらユーロ高ドル安に転じている。円も一時107円台に円高が進行
  • ホットマネーはこれまで蓄積したユーロ売り・円売りポジションを抱え、買い戻しのタイミングを虎視眈々と狙っていた。そこに発表されたIMF経済見通し。これまでユーロ売りを誘発してきた「欧州デフレ懸念」が活字となり追認されたところで、市場の要因としては「ファクト」となり、陳腐化した。こうなると「噂で売ってニュースで買い戻す」という常とう手段の出番
  • さらにIMFの世界経済成長3.3%への減速予測はグローバルな成長懸念を高め、投機筋の円売りポジションを買い戻すキッカケも与えた
  • 対照的に、年金基金などのリアルマネーはIMF予測をドル買いのお墨付きとして受け止める。投機筋はチャートや先物市場の取組高で動くが、リアルマネーが動くにはこのお墨付きが必要。投機筋の動きは速いがリアルマネーの動きは遅い。しかもFX取引のようなレバレッジはかけないから、当座の市場への影響は薄い。しかし通年でみればジワリ、ボディーブローの如く効いてくる。15年に向けてドル買いトレンドは変わらない。リアルマネーのドル買いにより、より根強いトレンドとなろう。
  • 世界経済減速を正直に映す商品価格は下落が顕著。原油はブレントまでが90ドル大台の攻防となり、WTIとの値差も極端に縮小。金は生産コストを下回り1200ドルを割り込んだ。投機筋の買い戻しとインドの安値買いで若干反騰したものの、ドル高・欧州中国需要減退の地合いは変わらない。
  • 株価も不安定。米雇用統計大幅改善には素直に反応したが、世界景気減速・ドル高の米国市場への影響を測りかねている