バーナンキ元FRB議長が語る米国経済の強み

バーナンキ元FRB議長が8日の講演で、米経済や金融行政の現状を語っているのでメモしておきます。

バーナンキ氏、リーマン危機「事態把握難しかった」
出所:日経 2014-10-09

  • 米経済は回復が進んでいる。長い間みられなかった持続可能な勢いがあるようにみえ、今後もこの傾向が続きそうだと楽観視している。社会保障の不備や教育、財政などに問題は残るがファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は底堅い。雇用も改善
  • 米経済は世界経済の原動力になっている。日本や欧州などと比べ、移民受け入れによる人口増や技術革新、起業家精神に対する支援体制などが強み。貧富の格差は避けられない問題とも言えるが、格差を乗り越える機会が人々に与えられているかも重要
  • 金融当局が相互に連携し、全体的に監視する体制に変わった。危機前は各当局がそれぞれの担当領域をみているだけで、全体像を把握している機関がなかった。今では事態を体系的にとらえるようになった。結果として金融システムも強固になった
  • 金融危機の真の問題は金融機関が「大きすぎてつぶせない」点にあった。金融規制改革法(ドッド・フランク法)ではこの問題に手を打つため、規模が大きい金融機関も問題が生じた場合は段階的に破綻処理できるよう体制を整えようとしている。これは重要な点だ。ドッド・フランク法と資本規制の組み合わせで、(規制強化は)正しい方向へ向かっている。
  • FRBは資産価格を様々な角度から精査しようと努力している。イエレン議長も言っているように、信用力の低い企業向けの融資や高利回り債券など、市場の一部には歴史的な(価格)水準から外れた水準に達している資産もある。だが株式や住宅など重要と位置づけられる資産は、歴史的な水準からは乖離していない