豪経済は緩やかに改善中、ただし変動の大きい豪雇用統計の分析は困難

今朝発表の豪雇用統計に関するBloombergの分析記事をメモしておきます。
ここでも豪統計局のデータの信頼性が指摘されています。

9月の豪雇用者数は予想外の減少-金利据え置きの長期化示唆
出所:Bloombers 2014-10-09
オーストラリアの9月の雇用者数は予想に反して減少。政策金利が長期間、過去最低水準にとどまる可能性が示された。
9月の雇用者数 は前月比2万9700人減少。事前予想中央値は1万5500人の増加。統計局は8日、雇用統計の数値算出手法を見直すと発表していた。9月の失業率は6.1%
資源投資の鈍化に伴い成長格差の回避に努めるオーストラリア準備銀行(RBA)は、昨年政策金利を過去最低の2.5%に引き下げた後、金利安定の期間になるとの見通しを示してきた。しかしこのところ雇用データの変動が大きく、政策当局者やアナリストは豪経済の強さを把握するのが難しくなっている。
ムーディーズの分析:鉱業を除いて豪経済は緩やかに改善しているが、労働需要を意味ある程度まで押し上げるには不十分。先行指標は改善が近いことを示している。しかし最近、統計局が雇用調査に関して問題を抱えているため、データの過度の分析をしないよう慎重になっている