豪RBA議事録(9月2日分)の分析

今回の議事録では、住宅価格バブルに対してこれまでで最も厳しい懸念を表明しています。 なお議事録公表後に、豪ドルはドルに対してやや上昇、早期利上げの可能性が高まったとの見立てのようです。

RAB、住宅価格上昇を懸念=議事録
出所:WSJ 2014-09-16

  • RBAは16日公表した政策理事会議事録(9月2日開催分)で、住宅価格の上昇に懸念を強めていることを明らかにした。
  • 不動産に対する投資家需要の高まりで市場が過熱、突然の価格急落を招く可能性があると指摘。RBAは鉱業部門の投資減速に対処し、弱々しい景気を支えようと努めているが、住宅市場が崩壊すればこの努力の大半が水の泡になりかねない
  • 過去最低の政策金利はオーストラリア経済を支えているとしつつ、資産価格のさらなる膨張を伴う将来の成長へのリスクになることを認識する必要がある。投機需要がさらに強まれば、不動産の価格循環の波は増幅され、不動産価格が将来急落する可能性を高める
  • 住宅価格に対するこの警告はRBAが発したものの中で、これまでで最も厳しい
  • 現時点で現在の金利は適切だとし、先行きで最も賢明な路線は安定した金利を一定期間続けることだろうとの認識
  • この議事録の公表後、オーストラリアドルは米ドルに対してやや上昇。市場は予想以上に早く利上げが実現する可能性が高まったと解釈